不動産を利用することによって様々な収益を期待することが出来る

アパートの経営

最近の投資金額の平均的な相場のトレンド

本業としても副業としても様々なプランから選べるのが、現在のアパート経営の最大の特色である。特に近年では誰でも全国の不動産情報にアクセス可能になっているので、予算に合わせて物件選びができるで便利である。とりわけ低価格の中古アパートの売り物件が増えているので、2000万円前後の予算でも新規にアパート経営が始められるのが魅力的である。また低価格物件であれば分散投資も容易に行えるので、地域分散型の不動産投資のポートフォリオも構築可能である。しかし物件のクオリティーにこだわる場合には、1億円以上の新築物件を選ぶことも可能である。新しい物件を活用してアパート経営を始めることで、満室経営も容易に実現できる以外にも、メンテナンス費用の節約も実現できるであろう。

時代とともにサービスが充実してきたこれまでの歴史

古くからのアパート所有者は、地元の不動産業者に入居者募集を依頼する一方で、自主管理で経営を行ってきたのが特徴的である。しかし時代とともに入居者のニーズも多様化したために、アパート経営をサポートするサービスが増えたのがこれまでの不動産経営の特色であろう。特にアパート建設から管理までを一括して請け負う業者も増えてきたので、初心者でも安心してアパート投資が行えるのが最近の特徴であろう。また単に家賃収入を得るだけではなくて、相続や節税対策を考えて経営を行うのが、昭和60年前後からの大きな変化である。そして経営の効率化を考えるのが最近の流行のスタイルであり、古い建物のリニューアルの提案を行う業者の活用が、最近のオーナーの動向である。