不動産を利用することによって様々な収益を期待することが出来る

一括借り上げとは

30年一括借り上げを詳しく知っておこう

30年一括借り上げ保証となんでしょうか。最近良く聞く言葉ですが、これは不動産投資家が新築マンションを購入する場合に空室が出ないようにその企業が30年間は家賃を保証してくれることです。投資家にとっては「ありがたい保証じゃないか」と思い、よく考えずにサインをしてしまうと大変なことになります。確かに投資家としてはマンション経営をするにあたり、空室が出ることを一番恐れます。何故なら空室が出ることで家賃収入が下がり、赤字になってしまうからです。 そうだとすればこの30年一括借り上げという保証はとてもありがたく感じますが、実際はそれほど甘くはありません。家賃保証と言っても最初に保証した額をずっと保証してくれるわけではないからです。

家賃保証のトリックとは

不動産会社もバカではありません。ずっと購入した時の額の家賃保証をしているとやがて不動産会社が日干しになってしまいます。何故なら物件は古くなり、必然的にそのマンションの価値も下がり家賃も下がっていくからです。 そこで、一括借り上げはおよそ2年おきに家賃の見直しを行います。見直しといっても家賃が上がるわけではなく下がり続けるわけですが。 今の日本の住宅事情としては古い住宅はアンティークとして価値があるという発想にはならず「人が使った物は使いたくない」という考えの人が多いわけです。つまり、新築の状態から年数が経過すればするほど間違いないその価値も低下してしまいます。そのため一括借り上げで保証している家賃の額も下がり続け、気が付くと赤字になってしまうのです。