不動産を利用することによって様々な収益を期待することが出来る

人気の投資

オフィスビルに投資をするという選択肢もあります

不動産投資というと中古ワンルームマンションを思い浮かべる人が多いです。実際に中古ワンルームマンションで不動産投資をしている人は多く、不動産会社も積極的に取り扱っています。不動産の中では比較的買いやすい価格帯であることが人気の1つの要因と言えます。しかし、不動産投資の対象は何も中古ワンルームマンションだけではありません。他にもファミリータイプマンションやオフィスビル等もあります。特にインフレーションが起き始めた今はワンルームマンションやファミリータイプマンションのような住居よりもオフィスビルの方がポテンシャルが高いと言えます。なぜならば、オフィスビルの家賃は景気が良くなってくると価格交渉において上げやすいからです。

上場不動産投資信託であればオフィスビル投資も簡単です

オフィスビルで不動産投資をする方法には直接投資をするというやり方以外にも、上場不動産投資信託を通じて投資をするというやり方があります。個人でオフィスビルを保有するというのはなかなか勇気がいることですが、日々の管理をしているのが不動産投資のプロである上場不動産投資信託であれば、その点の懸念を拭い去ってくれます。また、上場不動産投資信託と個人とでは、入ってくる情報量も異なってきます。個人ではよい物件情報を集めるのはなかなか大変です。仮にあったとしても予算オーバーとなってしまうこともあり得ます。しかし、上場不動産投資信託であれば、スポンサーである大手不動産会社や大手ハウスメーカーなどから情報を得られるうえに、資金も潤沢に保有しているので良い物件をすぐに手に入れることができるのです。