不動産を利用することによって様々な収益を期待することが出来る

知っておきたい

賃貸経営による資産投資において仕事の負担を減らす方法

資産投資の方法として老後の生活を考える上ではマンションやアパート等を手に入れて賃貸経営をするというのは良い方法です。ローンを組むことになっても、その返済を完了することによってその不動産を手に入れることが可能であり、老後における収入源としながら住む場所を確保することができるからです。 しかし、賃貸経営においてはその不動産の管理や入居者の管理といった労力がかかります。資産投資をする上で極力労力を割かずに済ませたいと考えることも多いでしょう。その方法として、一括借り上げの契約をしてしまうという方法があります。管理会社にその不動産会社に一括借り上げをしてもらうことで管理にかかわる仕事の一切を委託してしまうことができるのです。

一括借り上げにかかる費用の相場

一括借り上げをしてもらうことによって、管理に関わる仕事が不要になることに加えて、家賃保証がなされるのが一般的です。これは空室の有無にかかわらず一定額の家賃を貸主に支払うというものであり、これも一括借り上げを行ってもらう上でのメリットとなります。 こういった契約を結ぶ際には管理会社側もリスクを背負うことになるため、ある程度の手数料がかかるのが一般的です。その相場としては満室時の家賃の総額の10%から25%程度であり、その地域における賃貸物件の需要の動向や不動産の状態等によって大きく変動します。概して需要が高い場所では10%に近い手数料となることが多い傾向にあります。こういった費用負担を行うだけで管理の仕事の負担なくして、一定額の収入を受け続けることが可能になります。